ボーカル教室を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

ボーカル教室・ボーカルスクール.Starting.jp >  道具についてのアドバイス

ボーカル教室の先生が、「何をそろえればいいの?」に答えます。

道具についてのアドバイス

78 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

ヴォーカルは身体が楽器ですから特に道具は必要ありませんが、よりわかりやすいレッスンを進めていくため、歌いたい音源と歌詞2枚を用意してください。

音源はCDまたはCDーRかMDになります。

歌詞の1枚は生徒さんご自身用、もう1枚は講師用です。(金沢ヴォーカルスクール 講師 金澤 敏子)

 

(誰でもコードで簡単ピアノ弾き語り教室 講師 山田 美智子)

 

(ローズカラオケスクール 講師 奥田 真美)

 

ギター、ピアノ、管楽器、弦楽器と同じように、ボーカリストにとっては人間の身体も楽器の一つです。
なのでメンテナンスがとても大切です。

それは大きくわけると『心』と『身体』の2つです。

『心』に関しては、なかなか難しいことですが自分を見つめる時間を作る事が、自分らしい音楽をする事(フィーリングなど)につながると思います。これは性格や感情など色々なものが交ざり、個性に繋がっていくとても大切な事です。

『身体』に関しては、一番は喉を守る事です。ただ間違えてほしくないのは、喉も筋肉なので、鍛える事も大切だということ!
そしてその喉を守る為、また自分らしい声を出すために基本といわれる呼吸法や発声法があります。
ただ呼吸法や発声法、リズム、音程などいろいろな種類ややり方があり、またジャンルによっても違ってきます。
レッスンでは西洋音楽的基本と東洋音楽的基本を織り交ぜ、広い視野から学び、その中から自分に合うものを選べればと思っています。(ボイススクール『声色』 講師 Shiten )

 

歌いたい曲の譜面と歌詞を各2枚あればお持ち下さい。




(京子のジャズボーカルレッスン 講師 岡野 京子)

 
78 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

これからはじめる方必見!!

初心者の方へ

みんなはどう思ってるの?

レッツ投票!

ボーカル教室に通うなら、何を習いたい?

結果を見る>>

ボーカル教室検索